安藤岳洋 Ph.D.

Takehiro Ando

代表取締役

細胞を対象とした研究からメカトロニクスまで、新しい医療を実現するために幅広い研究を手掛ける。

担当:システム全体の調整、センサの開発、鉗子駆動系の機械設計、システム内全ての電子回路設計

粟野啓太

Keita Awano

最高技術責任者

元産業用ロボットメーカで研究レベルから量産まで携わり、出荷台数は述べ数千台になる。一般的なFAロボットであれば、ほぼ全てのタイプで開発経験有。

担当:ロボット本体の概念設計から詳細設計、コスト管理、組立調整、評価

山本浩隆 MDIC認定者

Hirotaka Yamamoto

元医療機器メーカにて機器の設計から製造および薬事業務全般に従事。

担当:薬事業務、GUI周辺のコーディング

宮本寛之 Ph.D.

Hiroyuki Miyamoto

Ph.D.

前職において腹腔鏡下手術に用いる術野展開のための機器の研究開発に従事。

担当:鉗子の開発

三上夏

Natsu Mikami

映像機器メーカーにおいてプロ向けデジタル一眼レフカメラの開発に従事。

担当:ロボット本体のメカ設計、評価、コスト管理、量産立上げ

土屋秀敏

Hidetoshi Tsuchiya

医療機器・測定器メーカにて、製品開発に従事。

担当:センサー、モータ制御などのソフトウェア設計開発